トイレで水漏れを起こしてしまう原因

トイレで水漏れを起こしてしまう原因 トイレを使用していると、トイレ 水漏れをはじめ水のトラブルが起こる可能性があります。トラブルの多くは経年劣化によるものが多く、使用状況によっても異なりますが、家族など複数人で使用していると使用頻度が増すためそれに比例するように水のトラブルが起こりやすくなります。トイレの各箇所で起こり得る原因や修理方法を知ったうえで、対策を立てておくと慌てることもありません。また、日頃から予防をしておくことも生活をする中で大切です。

■トイレが水漏れを起こす原因と対策

配管や手洗い管などのパイプ類による水漏れのケースでは、経年劣化が主な原因となります。パッキンのゴムが小さくなったり、接続部分の緩みが生じます。レンチなどの一般工具があれば修理できるものの、専用工具があればさらに便利です。もしも自分で修理をする際は、ホームセンターなどで機器に合った部品を揃えると良いでしょう。
床や床近くの壁などが濡れてる、もしくは湿気を帯びている場合、トイレ周辺のパイプ類の水漏れが周辺に伝っているかもしれません。また、床と便器の設置面からの水漏れがあれば、施工時の建付けの悪さや排水管の劣化が想定されます。
水漏れ以外にも温度差により結露が生じることでも、起こりかねません。先ず、タオルで水滴を拭き取ります。そのうえで換気扇を作動させるなどで、可能な範囲で温度調整を図る方法があります。このほか屋根裏の雨漏りが発生し、湿気がこもって結露を起こす可能性もあります。もしトイレ以外にも天井などが濡れていることがあれば信頼できる専門の水道業者やリフォーム会社に、漏水調査などの相談しましょう。

■自分でメンテナンスすることも水漏れ対策に必要
トイレ 水漏れが起きた際は、水の流れを止めるために、止水栓を閉めましょう。止水栓はタンク横などの給水管についています。止水栓がどこかわからない場合は元栓を閉めます。元栓は戸建ての場合は屋外、賃貸物件では玄関前のパイプシャフト付近にそれぞれ設置されています。
自分でも簡単に行える水漏れ修理は、接続部分のバルブやナットを締めるだけでも解消することがあります。定期的に緩みがないか確認し、もし緩んでいるのであれば都度締めるだけで予防が図れます。ただし、強く締めすぎるとネジ山の破損やひび割れの原因ともなりますので、適度な力加減にしておくことが重要です。
パッキンなどの部品交換をするケースでは、分解が必要になります。そ分解の過程ごとに、スマートフォンなどで写真や動画の撮影を行うと、振り返りができてわかりやすくなります。自信がない場合は、自分でするのを控えましょう。

■トイレの水漏れを防ぐための予防法

日頃からメンテナンスをしたり、大切に使用することでトイレ 水漏れなどトラブルを防ぐことができます。衛生面の環境を保つために、タンクに入れるタイプのトイレの洗浄剤を使用している場合がありますが、これがタンク内の部品の動きを妨げる要因となることもあります。タンクの中には、ゴムフロートで便器に水が流れないように調整する部品があります。また、当たりが悪いと、パーツなどの部品を傷めてしまいます。
清掃をする際も、洗剤選びに注意が必要です。便器など様々な素材を使って製造されていますが、間違ったやり方だと割れやコーティングの劣化など、トラブルの原因になります。それに伴い、劣化を早くしたり水漏れなどの水のトラブルを引き起こしてしまいます。使用の際に、取扱説明書を読むなどで対策を立てましょう。

■まとめ
トイレ 水漏れは、配管など様々な場所で起こります。簡単な部品交換は、工具と相応の知識があれば自分ですることも可能です。洗浄剤の使用時に注意したり、室内環境を整えるなどの対策を立てることも、水のトラブルを防ぐことになります。たとえその場面に出くわしても、慌てないように日頃からの情報収集は欠かせません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース